長期間の借り入れとなるローン

長期間の借り入れとなるローン

一般的にお金を借りる方法は二種類あります。それはキャッシングとローンです。キャッシングとローンは同じように一般的な人が業者からお金を借りる方法ですが、その二つは大きな違いがあります。

 

それは利息です。

 

キャッシングとローンの利息を比べた場合、キャッシングの利息の方がローンの利息よりも高くなる傾向にあります。同じ金額を借りるならばキャッシングよりもローンの方が安い金利で借りる事ができてお得だと言えるのです。

 

その利息の違いはどこから出てくるのかと言うと、キャッシングとローンの性質からくるのです。キャッシングはローンと比べると短期的な融資となります。1か月や数か月程度の融資が基本となるため、借りたお金を短期間で返すことになります。そのため金利が高くなるのです。

 

一方でローンの場合は長期的な融資と言う事になります。1年や2年、場合によっては5年や10年と言う長期間の融資です。そのため金利は安くても長く貸していられるので、業者に入る金利と言うのは必然的に増加することになります。

 

利用者としては、金利で決めるのではなく、どうして借りるのかと言う事を考えた上でキャッシングにするかローンにするか決めるようにしたいものです。

 

審査時間や基準だけでなく、金利や利息でもしっかりとキャッシングの比較をし、計画的にキャッシング即日の借り入れを進めるようにして下さい。

 

最近即日で借りながら安心の金利でキャッシングを選びたい方は、下限金利が他の消費者金融よりも低くなっているモビットの適用金利に注目をしてください。